人気ブログランキング |

変化をふりかえる

今日は、10月から担当することになったよしあきくんのケース会議をした。
その時に同じ学年のこうたくんの担当当初の話になった。
しかし、4月の事はもう覚えておらず、記録をお互い見合った。
思い出して大笑い。
記録の彼と現在の彼は現在別人である。

********

今年4月に、こうたくんの担任になった。
こうたくんは、小学2年生の男子。

この、こうたくんとの初日はびっくりするものだった。

1日目
突然、職員室に入ってきて、職員の机をピョンピョン飛び回り
次に校長室に入り棚の上に上り、竹の置物を振りまわした。
目は鋭く子どものものとは思えなかった。
そして、鍵をもって立ち去ろうとしたので

「こどもは、勝手に鍵を持って行ってはいけません。」というと・・・

「ぎゃーーーーーーーーーーっ!!」
「うるせーんだよ!このくそばばあ!ぶっ殺してやる!死ね!」と叫び

校外へ出て行った。

4月から7月まで朝の挨拶は
「死ね!」「ぶっ殺してやる!」「ふざけんなてめー」だった。

課題を出すと破り捨てて、暴力もあった。
授業中、好き勝手話、思い通りにならないと大騒ぎ、1年生のときは計3日程度しか
教室に行かず、徘徊しては、長いものを振り回し、高いところにのぼり、職員には
つばを吐き、好きかってしていたとのこと。


**********

12月現在・・・
彼は、2年生の教室で目立たず授業を受けている。まだ、荒削りであるが授業を受けない事はなく
話も聞けるようになった。
朝、普通に「おはよう。」悪いことをしたら「ごめんなさい。」
なにかしてもらったら「ありがとう」といえるようになった。
本人の素養もあるが環境も大きい。
低学年は、関われば関わるだけ変わるので面白い。

よしあきくんは、同じようなところがある。
よしあきくんは3月ごろどうなっているかな~。
今から楽しみである。