人気ブログランキング |

発達障がい研修

都内で2日間発達障がいのお勉強

2日目の朝、学校か団体なのか子どもを引率していた。

車のあまりこない道
数メートル先に、横断歩道(信号なし)がある。
しかし引率者は、そのまま道を渡らせる。
そして百人以上わたっていく。

その中に、道路前で、ひとり立ち止まる男の子がいた。

「渡ろう!」とやさしくスタッフ。
それでも渡らない。

「渡って!」とまたスタッフ。
「でも、でも…」うろうろしながらいう。

私が横断歩道をわたっているとチラチラみている。
イライラが募るのが見える。
横断歩道から行きたいんだろうなー
と思った。

見ている様子では、彼は発達障がいだろう。
こだわりのような行動だが…
しかし、このひと場面をみる限り正しいのは彼だろう