人気ブログランキング |

カテゴリ:つれづれなるままに( 101 )

保育園の5周年記念イベント
弦楽四重奏を聞きました。
小さいながらに、音楽を聴き、終わると拍手をする姿、
歌っていいと言われるとのびのび歌う子どもらしい姿
とっても印象的でした。

b0125180_2251538.jpg

我が家にお客様が来ました。
なんとクワガタ。
この後、保育園に行き、みんなで見た後放たれたようです。
b0125180_15384430.jpg

オニヤンマ再び
子どもは目がいい!!毎日毎日いろいろなものを発見しています。
またもや、オニヤンマの飛び立つ前の姿を発見!!
b0125180_1113187.jpg


早速、みんなに伝え見に行きます。
b0125180_1152642.jpg
b0125180_115474.jpg


これから飛び立とうとするオニヤンマ。
生まれたてのオニヤンマの羽は本当に美しいです!!!
なかなか飛びたてず、よろよろしていました。
b0125180_116896.jpg


このあと子どもに見守られながら飛び立っていました!
元気でね~☆
先日、実家の田植えをしました。
私と娘は、もっぱら泥遊びと生き物さがし。
b0125180_9425929.jpg


ある保育園では、子どもと水、子どもと土、あそぶことについてこんな風に話していました。

子どもと水
小さい子どもは水が好き まるで 母の胎内にいたときに 前人で感じた羊水の感覚を
なつかしむように 全身の皮膚感で「水」を感じてきたのであるこの「水刺激」が皮膚の感覚
を通して 幼い子供の脳に送られることの重要さが 最近医学的にも教育心理学的にも
叫ばれるようになってきた。
小さいとき この皮膚からの水刺激をたっぷり受けた子供は 自律神経がたくましく
育つというのである。自律神経とは生きる力を支配しているところである。
薄着で 戸外の風にあたり 水たまりに入って遊ぶことで 自律神経がたくましくなり
虚弱体質 アレルギー体質 ぜんぞくなども 治していくということがわかってきたのである

子どもと土
水の世界に浸りきっている時代から 少したつと 子どもは「土」との付き合いに終始するときを
迎える「土」こそ 人間んに文化をもたらしたものである。
何百年もの長い時間をかけて 人間は発達し続け ついに 一万年前ごろ出現した現代の
「ヒト」人間は 土に水をひいて作物を作ることをはじめた。
そのころから 土をこね 火を焼いて 水を運んだり 作物の種子を貯蔵したり 水や食物を
食べたりするときの器を使うようになった。その歴史をあたかも反復するかのごとく 
言葉をもつようになった 2歳前後から子どもは土との生活に明け暮れます。 

娘は、水、砂、土が大好きです。
少々おとなしい遊び方で、私はもっと激しく?!遊んでほしいのですが・・・
この3つがあるととても幸せそうです。

小さい時からできる限り
たくさんの木々 鳥 花 虫たちに囲まれ 終日陽にあたり 風を受け 水や土をふんだんに
使って遊びきらせたい!



b0125180_941276.jpg


b0125180_9422888.jpg


b0125180_9433141.jpg


家でドジョウとカエルの卵を飼うことになりました。
b0125180_9442097.jpg

奥日光に新年のあいさつに向かいながら、そりすべり。
2歳児はなかなか思うように遊べず、小さな範囲で遊んでいました。
でも、雪があるということだけで楽しいようです。
こんな風に感動する姿を見て、大人は気持ちを取り戻すのかもしれませんね。
母親になり、娘と過ごすことで視点が変わったり、感動したりする場が増えたように思います。
キラキラの世界を娘が見せてくれています。
b0125180_11374856.jpg
b0125180_11322271.jpg
b0125180_11372946.jpg

おそくなりましたが・・・
新年あけましておめでとうございます。
今年も皆様よろしくお願い致します。
いっぱい遊びましょう!!
b0125180_11282012.jpg

天然の舞茸を始めてみました。
b0125180_2137143.jpg

大好きな奥日光の仙人にいただいたもの。

話は変わりますが・・・
先日、悲しい出来事とうれしい出来事の2つがありました。

一つは、イワダレソウを使い砂漠の緑化化を進めていた
大好きな宇都宮大学の倉持先生が亡くなったこと。

もう一つは、
奥日光の仙人が8月に事故に合い、しばらく入院していたのですが・・・
退院して元気だとご本人から連絡をもらったこと。

同じ日のことでした。

お二人ともmaruを通してであった方々で
たくさんの応援をして下さっています。

おもえば・・・
私の周囲は見渡せは60代以上。
皆さんお元気で年は気にしませんでしたが・・・、
そういう年なんですよね。
いつまでも元気でいてほしいと思う反面
いつまでも今の関係は続かないのだと
宣告された気持ちでした。
だからこそ大切にしたい関係の方々には、後悔なくかかわっていきたい!!!
強くそう思いました。
今日は台風前のいい天気。
下界は30度。中禅寺湖は25度ないくらい。
日陰は涼しく、日向は暑いぐらい。暑いときはやっぱり山がいい!
小さな子どもには、ちょうどいい天気。
小さな子どもが楽しむために、天候は大切な要素の一つだと娘をもって思ったことの一つ。

2歳児と両親で初カヤック!初アウトドアに立ち会いました。
初めは泣いて乗らないというたくみくん
ひやひやしましたが、最後は楽しんでくれました。

今回感じたこと。
今日一緒に漕いだたくみくんの母はすごいです。
子どもの気持ちを大切にしながら、子どもに頑張らせたいところは頑張らせ・・・
素敵だな~って思いました。
彼女は、24時間子どもをみている母。
私は、仕事をしているため週末しか子どもを見ていません。
それでも、大変なのに・・・一緒にいる時間が長引けば長引くほど煮詰まるし大変。
想像するだけで・・・壮絶です。笑
せめて、この非日常が少しでもリラックスしてくれレ場と思いましたが・・・
初めはお子さんが泣いていたしひやひやもしたかな。

センスのいいご両親。簡単な説明であっという間に漕げちゃいました。
子どもが小さいので拠点を決めましたが、ちょっとしたツーリングもいけたな~と感じしました。
b0125180_22361038.jpg
b0125180_22365420.jpg
b0125180_2237575.jpg


子どもはみーんな石投げが好き。改めて思う。
b0125180_22395716.jpg

娘もにんまり!!変な顔
b0125180_2244880.jpg


b0125180_2246599.jpg

台風前の複雑な雲。
青空も男体山も見せてくれました。

娘は、たくみくんが「だ~いすき」
たくみくんのお母さんとお父さんも「だーいすき!」
120%遊び、今日は幸せな一日でした。

あ~楽しかった!また遊ぼうね~~~。
日光でお世話になった方が、この6月めでたく結婚!
東京に移り住みました。

久々の日光へいらした二人とカヤックの旅に出かけました。

前日の天気予報は晴れだったのに・・・朝からどんより雨。
天気図も・・・怪しい感じでした。
でも、漕ぎ始めるころはやみました。
それどころか晴れ間も!!奇跡です!
b0125180_21205666.jpg


やっぱり中禅寺湖は自然が深く美しい。
一緒に来られてよかった。
b0125180_2123671.jpg


やさしいお二人はいつもあたたかな目で娘も見てくれました。
むすめもいつの間にか仲良し!

b0125180_21252651.jpg


お祝いシャンパン
b0125180_21261576.jpg


お祝い乾杯
b0125180_2127452.jpg


そのあとは葉っぱを持って森遊び。
森遊びの達人はるちゃんは健在!!
誰にでもフラットなんです・・・だんなさまははるちゃんを見てそう教えてくれました。
b0125180_21302256.jpg

b0125180_21292160.jpg


帰りは雨に降られました。
雨のカヤックはまた違う楽しみがあり、私は大好き!
その気持ちを共感してくれる二人・・・
なんだか心が温かくなります。

b0125180_2131090.jpg


b0125180_21325451.jpg


帰る頃にはすっかりいい天気!
b0125180_21333756.jpg


末永くお幸せに!!
よくお世話になるボートハウス
b0125180_15455294.jpg

あれこれ整備されきれいになっていました。

b0125180_15374481.jpg


カヤックを運ぶとき滑っていた坂道には階段が。
b0125180_15385880.jpg


ベンチも作られていました
b0125180_15433964.jpg


今は水が少なく、浜が広い。普段拾えない巻貝もたくさんいました。
b0125180_15395662.jpg


館内もいつも清潔。自由に使えます
b0125180_15414526.jpg


展示も充実しました
b0125180_1543020.jpg


まるのイベントではここが起点になります。

参考にまで