<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子ども達と切符を買い、電車に乗り
いざ!東京へ。

電車に乗るまでは、「あ!!寝台特急だ!!」といえばそちらに走り、電光掲示板に惹かれ、
皆きょろきょろでした。電車に乗ると目がきらきら!これから始まる都会への旅に期待が
感じられます。

今回の行き先は、国立科学博物館。

b0125180_23275334.jpg

2時間かけて、館内を眺めていました。
大きい!いや!巨大な鯨の骨にみなびっくり
鯨のひげの硬さにもびっくり

b0125180_23273854.jpg

お昼を食べてスカイツリーへ
業平橋から真近に見て、また皆感動!
1時間近くうろうろ。
最後は、「スカイツリーバイバ~イ!」「完成したらまたくるよ~」と大声でお別れをしていました。


帰りの電車では、それぞれ思いにふけっていました。
日ごろ交通機関を使うことの少ない、日光の子ども達。
電車に乗るだけで感激だったようです。

電車に乗ったこと、スカイツリーを見たこと、
お友だちとの会話の足しになるといいな~
[PR]
b0125180_23241142.jpg
b0125180_23242370.jpg


隊長から借りた本
なつかしき転覆隊。
かれこれ十年くらい前、カヤックを始めたとき違う本を読んだ記憶があります。

仕事が忙しくぬぼーってした表情で現れでも
仲間の顔を見つけるとぱっと表情が明かりくなり
旅がはじまる。
珍道中があるかとおもいきやまじめな視点もあり
感動もある。
失敗か成功かというくくりでなく…

こんな風に一つ一つを楽しめたらと思わされる。

仕事も遊びも120%なのがいい。

私も見習わねば!!!!
仕事と自然と酒を愛する3○歳。

このまんまでいいやーと思うときもあるけれど
いやいやまだまだ動き足りない!!
将来はパワフルばーさんを目指し負けずに楽しむぞ!
と思うのでした

元気の出た1冊をありがとう!!!
[PR]
by 222maru | 2010-07-30 23:27 | 遊び隊
都内で2日間発達障がいのお勉強

2日目の朝、学校か団体なのか子どもを引率していた。

車のあまりこない道
数メートル先に、横断歩道(信号なし)がある。
しかし引率者は、そのまま道を渡らせる。
そして百人以上わたっていく。

その中に、道路前で、ひとり立ち止まる男の子がいた。

「渡ろう!」とやさしくスタッフ。
それでも渡らない。

「渡って!」とまたスタッフ。
「でも、でも…」うろうろしながらいう。

私が横断歩道をわたっているとチラチラみている。
イライラが募るのが見える。
横断歩道から行きたいんだろうなー
と思った。

見ている様子では、彼は発達障がいだろう。
こだわりのような行動だが…
しかし、このひと場面をみる限り正しいのは彼だろう
[PR]
姉が教えてくれたHP
なんだかな~と笑ってしまうHPです。

姉いわく・・・
子供たちのクリエイティビティと可能性ってすばらしいって思わずうなってしまう。そんなサイトです。

http://matome.naver.jp/odai/2126406600265126601

私のお気に入り  
「I'm no BAKA. No! No!Zetai!」
他にも多数
  
[PR]
b0125180_19135071.jpg


今朝の登校風景。
見えずづらいが、2階に子ども達が数名手をふっている。
下には、1人の男の子が学校に向かって、勇ましく歩いている。

この写真にはドラマがある
それは、こんな話。

下にいる男の子は、海くん。ちょうど1年前、不登校で転校してきた。
1年かけて学校へこられるようになったが、校門から登校することが出来ない。

昨日の朝、海くんの一番の友だちきゅうちゃん含む
クラスの子ども達がベランダから外に向かって手をふっていた。

私が、「何しているの?」と声をかけると、
きゅうちゃんが「海くんが乗った車が止まったから、声をかけていた」という。
他の子が、「声をかけたら校門からきっときてくれると思った。」といった。

私は、じわ~~~っと目頭があつくなった。
そして、「明日もういちど声をかけてみよう。」と話、教室にもどった。
そして、迷ったが、帰り際、海くんにこのことを話した。

今朝になり、海くん母にもこのことを伝えた。
「海くんのクラスの子ども達が、校門に向かって手をふっているかもしれない。」と。
すると母親からも
「海が今、こんなことを話していたんです。
おれ、今日は校門から行くからね。きゅうちゃんたちが手をふってくれているんだって・・・」
絶対校門から入らない!!と怒っていっていた彼が決意した瞬間だった。


そして・・・この風景が生まれた。


いつも、子どもの心を動かすのは子どもだ。

子どもの無限の可能性を小学校に来て感じる。
子どもってすごい。
[PR]
b0125180_21291755.jpg
b0125180_21293669.jpg
b0125180_2129563.jpg


あったかいごはん

ご招待をうけて、またもやナットごはん。
今日はスペシャル豪華なごはん

味はもちろん美味しい。それ以上に目にも鮮やかな盛り付け
細やかな心配りが見え感動
食べた後、おなかのあたりがあたたかくて、ほっこりで、幸せな満腹。
体が温かくなるご飯はいいご飯だと私は思っている。
世の中には、食べでも体が温まらないご飯がある。
空腹をを満たすだけのもので寂しいご飯だと思う。

今回のご飯は、手間がかかっている。そして、それ以上に愛がある。

もてなすって相手のことを考えるからできるものだよな。
最高のおもてなしでした。

いっぱいの感謝をこめて なおでした
[PR]
b0125180_145710.jpg


maru設立から酷使されたライトエースともついにお別れ
一緒にたくさん旅もしたので、お別れもひとしお
思えば・・・
たくさんこの中で寝ました。
この中にも上にも、カヤックを積みました。
子ども達もいっぱいのって色々な表情が生まれました。

b0125180_151856.jpg


これからは、このハイエースにお世話になります。
よろしくお願いします。
酷使するけれど大切にするからね~
[PR]