<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

義母を連れ、スカイツリーに行ってきました。
義母は、数年前病気になり、半身まひで要介護の車いす生活。
外出の際は、
長い間の外出も難しいため、なるべく日に当たりすぎない、バリアフリー化されたところを
選びます。
さて、スカイツリーですが・・・
素晴らしいシステムでした。
駐車場から係員の人が丁寧に案内してくれ、
チケット売り場、上階にあがるエレベーターも
並ばなくてもいいように、声をかけなくてもガイドの方々が、次々にエレベーターに案内してくれます!
チケットは予約していったのですが・・・それでも並ぶ皆さんを横目にすいすい。
母の負担も軽減でき助かりました。
昼食、トイレも、同様。快適でした。

b0125180_9311595.jpg


b0125180_9315173.jpg


b0125180_9323543.jpg


多々ひとつ・・・惜しいところがありました。
それはソラマチのエレベーター。
優先エレベーターがあるのですが・・・それがなかなか乗れないんです。
優先エレベーターであることは大きく表示され、目の前にはエスカレーターもあります。
2台あるエレベーターは、途中の階から乗ることが難しい状態。
それは一般のお客様が、利用しているからです。
車いすやベビーカーのお客さんがなかなか乗れず・・・
わずか2つ上の階に行くのに10分かかりました。

ひとりひとりのモラルが問われるな~と思いました。
その立場にならないと、気が付かないこと。
妊婦には妊婦しかわからない・・・
目の見えない人には目の見えない人にしかわからない・・・
車いすの人には車いすの人にしかわからない・・・
そういうことがたくさんあるのかもしれません。

相手の立場に立つ思いやり。
気が付いたことは忘れずいたいですね。
[PR]
1歳児から6歳児までの子どもと、そのご家族でカヤックをしました。


b0125180_9163267.jpg


小さな子供に中禅寺湖は大きすぎる自然だろうか…と心配しましたが
もともと自然保育をやっている保育園に行く子ども達なので、
自然に溶け込むのに時間がかかりませんでした。

b0125180_965982.jpg


b0125180_974652.jpg


水遊び気持ちいい!!
子どもは子どもの力で成長します。
水が苦手な子もほかの子が入っている様子を見てチャレンジしたり・・・
影響し合う素晴らしさを見ました。

b0125180_9191056.jpg


b0125180_9164883.jpg

生き物もたくさん!!

b0125180_9161410.jpg



6歳までの心と身体の基礎をつくる大切な時期です。
たくさん水・土・砂からはじまり豊かな自然に触れて、心と身体を解放させ、
「感じる心」「楽しむ心」「生み出す心」を育てられると信じています。
あるがままの自然に触れてのびのびと遊ぶことを通じて、
子ども達が育つよう私たちはお手伝いしていきたいと思っています。
小さい子にとって中禅寺湖は大きすぎる自然かもしれませんが、
本物に触れる体験を通して原体験つながったらいいな~と思っています。
また、保護者の皆さんが新しい活動にチャレンジすることで、
子ども達にも次への新しいチャンスが生ると信じています。
[PR]
昨日は、トウモロコシを収穫しました。
100本あるので、毎日食べても減りません。笑
今日は、子どもたちが収穫しました。

トトロのメイちゃんがイメージの娘は、嬉しそうに
パキンッと枝から降り、皮を無心でむいていました。
もちろん、家まで運び、トマトと共に縁側でいただきました。

b0125180_14284993.jpg


b0125180_14291094.jpg
b0125180_14293576.jpg
b0125180_14295754.jpg
b0125180_14301511.jpg

[PR]
近所の川にカニを見つけに行きました。
こんなところにいないよね…。とつぶやきつつ、じーっと見ているとカニがちらほら・・・
土手の葉や土を探ると、わさわさとちっちゃなカニが出てきました。

b0125180_14215811.jpg
b0125180_14224530.jpg
b0125180_1423510.jpg


余談ですが、家に帰りカニを子供用のバケツに入れ、
数時間外出しました。

帰ってバケツを見ると・・・
カニが減っていました。
そう・・・家の中あちこちに行ってしまっていました。
タオルの下、マットの端など、様々なところに隠れていました。
捜索大作戦は、なんとか成功し、翌日保育園の子どもたちの所へ無事届けられました。

いろいろ学んだカニ事件でした。笑
[PR]
来週からカヤックのイベントが続くので、下見をしてきました。
雨が続いたこともあり、水が多くありました。
今日は、下界は35度。中禅寺湖は25度、湿度もなく快適です。
そして、やっぱり空気も水も風景も美しかったです。
みなさま、お楽しみに!!

b0125180_1416274.jpg


b0125180_14162460.jpg


b0125180_1416274.jpg


b0125180_14163729.jpg


b0125180_141725.jpg


b0125180_1417255.jpg

[PR]
雨上がりの植物は、本当に美しい。
葉にたまる雫とか、萌え萌えです。

今回は蜘蛛の巣。
一つの植木に10以上の蜘蛛の巣。
水玉は5ミリないくらいなのに、本当に美しい。

写真にはまる親に対して、娘は水たまりでめっちゃ遊んでいました。
お互いに満喫!楽しい時間でした。

b0125180_1159391.jpg
b0125180_1159488.jpg
b0125180_1201260.jpg

[PR]
もうすぐ3歳の娘をmaruの活動に連れて行くことが多くなってきた。
行けるようになってきたからだ。

2才半を過ぎてから、やれることが増えてきた。
分かることが増えてきた。
体力がついてきた。
2才0か月と、2才11か月ではこんなに違うものかと驚くばかり。


maruの活動に参加した、中学生が私を「先生」とか「なおさん」とか呼ぶ、敬語など言葉づかいを聞き、私に対して名前を呼び、敬語を使っていたので、思わず笑ってしまった。

それ以外にも、私があいさつするとみんなとあいさつしたり、
水筒と帽子を持って行くように伝えると、自分で用意して集まったり、
時々ごねることもあるが、みんなと一緒に長い階段を頑張って登る姿を見てみんなと一緒ってすごいと感じた。

b0125180_1274092.jpg


b0125180_1283025.jpg


b0125180_11531643.jpg


b0125180_11543070.jpg


子どもの発達の変化の大きさ、集団の力、本人の力、すごい!!と感じる1日でした。
[PR]
b0125180_11442829.jpg

障がいのある人とない人の活動。
今回は里山遊びをしてきました。
まるでは珍しい、自然観察を取り入れた活動。
里山にはたくさんの生き物が息づいていて、今の時期だから見られるもの、触れ合えるものがあります。

1週間前から、キャンセルが相次ぎ少ない人数での活動。
1か月に1回しか会わないけれど、気の合うメンバー。
思いっきり話をし、歌いながら森を歩いていました。

普段、なかなか友達とうまくいかなかったり、学校に通えない子たち。
ここでは、自分をだし過ごすことができていました。
普段の分まで話、歌い、動き、気持ちよく過ごしている過ごしている姿を見て、この活動を細々ながら、やっていてよかったな~と改めて思いました。
b0125180_11414237.jpg


b0125180_11422087.jpg


いろいろな生き物に出会いました。
b0125180_11425932.jpg


b0125180_11433979.jpg
b0125180_11435865.jpg

[PR]

大騒ぎで公共の廊下を歩いていた娘。
「静かに歩こうね。」という言葉が、今まで、通じなかったが、
ツバメが巣をつくり、子育てが始まったことを伝えると、そのために「静かに、そ~っと」歩くようになった。

そのうえ、コンドルの指人形で時々ツバメにやさしく話している。
誰かのため、自分が少し我慢するということが、2才でもわかるんだな~と感心してしまった。

毎朝、私と娘は、
「あかちゃん生まれるの楽しみだね~」今はこそこそ小声で話している。
b0125180_1139104.jpg
b0125180_11392893.jpg

[PR]
満腹キャンプをしてきました。
障がいのある子もない子も一緒に遊んじゃおうという企画。

b0125180_1224339.jpg


キーマカレーとナンを作ったり、たき火で遊んだり、散策したり・・・雨でもめいいっぱい遊んできました。
子どもたちは一瞬もとどまることなく、活動の合間もいろいろな遊びを考えて遊んでいました。子どもの遊びの才能は本当にすごい!!

ほかにも印象的だった出来事が・・・
一人の女の子が具合を悪くして、先に帰りました。
女の子と別れ、活動に戻るとすると、一人の男の子が「Aちゃんは?」と聞いてきました。私は「帰ったよ」と伝えると・・・
「もういい!!なんだよ!!おれのやったことは無駄か!!!」ととても怒って言葉を投げ捨て去っていきました。
よくよく話を聞くと、その子の分のナンやカレーを一生懸命作っていました。自分の分は後回しで・・・。

私は、とても感動しました。
人を気遣ったり思いやったりがうまく表現できない子たち。心の中には本当にやさしい気持ちがいっぱいある。誤解を受ける行動が多く、よくよく聞かないと、よくよく見ないと、見えにくいから、ついつい見逃しがち。こういう気持ちをしっかり通訳してあげたいと思ったし、伝える方法を教えてあげたいな~と思いました。

帰りに女の子に届ける約束をして、にっこり安心してくれました。

b0125180_1234415.jpg

b0125180_1243158.jpg

b0125180_1245953.jpg
[PR]